読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の自由帳

日本在住の外国人が日本語で皮肉を言います。

カジュアル差別と無課金の踏み絵

程々に読み応えのあるものを書いていたのですが、急にSafariが落ちてしまい、書いていたものが全て消えてしまいました。。。

 

書き直そうと試みたのですが、最近は、お尻も垂れてきましたし、記憶力もスーパーファミコンカービィSPDXばりに消えていきますので、修復不可能でした。

 

なので、代わりに千葉の海の画像でもどうぞ。

f:id:kenzhao0114:20170219143122j:plain

「意思」は一体誰のもの

聞きたくなきことこの上なし!と言いながら椅子毎ひっくり返り「この上なし!この上なし!」と叫びながら転げ回る人もいるかもしれませんが、少し自分語りさせてください。

 

僕はベンチャー企業で、マーケティング部署で主にWeb関連のマーケティングやらWebマスターをやっています。

Web関連の施策をプランニングし、プランをディレクション、時には開発やコーディングもしながらテストから実装。マーケティングフェーズを運用させて、終わったら効果検証。その他、諸々のフロントエンド側の管理やらコードレビューやら。

もちろん一人で全部をするのは不可能なのですが、それでも何よりも僕は発注というものがすごく苦手なので、自分でできることは自分でするようにします。

どうやったら自分でできるかを全力で考えるという燃費の悪いCPUのようなことを常にやっています。

 

しかし、こんなことは今の会社に入る前は全くやっておらず。

晩年寝太郎な鍛冶屋もびっくりの付け焼き刃ですべてここ一年で覚えながらやっていることなので、語れはすれど机上の空論。

子どもはコウノトリさんが運んでくるものではないものは頭でわかっていながら、プロレスごっこと表現してしまう童貞中学生のようなものであります。

バイブルはきっとヤングジャンプでしょう。

 

日本社会は大学時代にモラトリアムと涙のお別れを経験させる

なぜ、唐突に自分の仕事を紹介したかというと、コンセプトのないこのブログを作る過程で規則性に気がついたからなのです。
このブログを作るきっかけは、ゴールを「バズらせてTwitterのフォロワーを5倍にする」というところに定め、予算を決めてマーケティングプランを考えながら効果検証するということをして、仕事の勉強をしたかったからなのであります。

 

精神と時の部屋みたいなものですが、これがまたとてつもなく面白い。

なぜかと考えたらそれは間違いなく、「すべての物事に僕の意思があるから」につきます。

運動は暇人がするものと思っていますが、自らの意思で運動しているときは、やはりどうして面白いと感じるものです。こんなゴミクズな自分が時々無性に愛おしく感じてしまいます。すいません。

 

仕事はとてつもなく退屈ですし、ストレスを感じることは多いのですが、そこには意思がないから退屈なのだ。ということに気がついてしまったのです。皮肉にも、仕事の勉強をする工程の中で。

これこそ、モラトリアムがなかったからではないか。僕はそう思えてならないのです。

これは僕が悪いのではなく社会が悪い!

お前は一体なんなのだとお思いかもしれませんが、それは僕が一番自分に対して思っていることなので、いいから許していただきたい。

 

意思は一体誰のもの?

熱意があるのかと仕事で聞かれたら、YesでもありNoでもあるので、しばしパニックになってしまいます。

お金をもらい生活することに熱意は注げるのですが、仕事として他人の意思をあたかも自分の意思のように捉えることに、本当の自分の熱意は注げないからです。

 

マーケティングという仕事に携わっていると、プレイヤーという人種よりも、プランナーというタイプの人間がはるかに多いことに気がつきます。

作業のことはよくわからないが、口と金を動かして、発注が得意。会社や他人のお金を使うということに節操がないとすら思えることもあるのですが、結局プランは形にされるので、目に見える被害者はそんなにいないというパターンです。

なぜお金を使うのだろうと考えたら、それは価値をはかる指標がないまま仕事をし続けてきたので、「お金を払うことに価値を見出す」という状況が起きているからでした。

100万円払ったら、例えば、明朝体でページの真ん中に書かれた「おはよう」も、100万円するような気がするアレです。

日本では古くから、職人や宗教関係の職業で使われてきたものであります。

 

さて、そういう状況では、意思は一体どこに存在するのでしょうか。

 

正直、僕にはまだまだよくわからない世界ですが、もし僕の意思がどこかへ行ってしまうような状態になったら、、、

そうですね。

例えば、「冬はGLAYを聴きながらみんなでスノーボードに行こうぜ!行かないとか言ってる空気読まないやつはハブだ!」なんて言い出したら、

このブログを読んでいる数少ない大事な友人は、是非僕を強めにぶっていただきたい。

 

僕の意思はいつも真ん中に、図々しく居座っているのであります。

厚切りジェイソンは白人だから許されている

あのですね。

このブログにはコンセプトなんてなかったわけです。

でも、僕だって社会に価値提供したい!せっかく生まれてきたんだからちゃんと納税していきたい!

ということで、このブログのコンセプトは、「中国系朝鮮人の僕が日本語を使って色々皮肉ってみんなでケガする」ということにしたいと思います。

日本人は好きでしょ?怪我するとわかっていてもみんなで取り組むの。僕だって、組体操やら部活やらに強制的に参加させられたので、この国は無理やり人に運動させるんだと落胆した記憶が鮮明にあるもの。

 

コンセプトに沿った第1回目の記事は、ダイバーシティの話であります。

 

日本人のダイバーシティスクールカーストで培われている

想像してみてほしいのですが、例えば、アジア系の人がテレビに出てきて「Whyジャパニーズピーポー!」と言ったところで、湧き上がるのは笑いではなく怒りなのであります。

チュウヤンが「Whyジャパニーズピーポー!」と言ったら、「こっちが聞きたいわ!」と言いながら逆ギレされるのが関の山です。

 

さて、これは何に似ているのだろうと考えました。

僕は、小学校6年生から、あいうえおもわからないのに日本の公立学校にぶち込まれるというハートフルな両親の元で育ったので、一通りの日本的経験をしてきたのですが、ふと、同級生の藤田くんの顔が頭に浮かびました。

知らねー奴の話すんなよ!ですが、藤田くんはどうでも良いのであります。幸せに生活していてほしいです。

問題は、僕が何を発言しても、どうやら全てのことが彼にとってはイラつくことのようでした。

そしてなぜイラつかれるのだろうと考え、クラスを見渡してみると、そこには明確なランクが存在していたのであります。

 

背が高くて足が早く、サッカーが上手で少しクールな堀内くんが1番。背は低いがサッカーは上手で、おちゃらけてみせクラス中の笑いをとる藤田くんが2番。3番、4番、、と続いていき、日本語も話せないユーモアもわからない「中国菌」の僕が最下位。

しかも、どうやら「外国人転校生」から「中国菌」に転落したのが余計にまずかったらしい。

女子側にももちろん同様な制度は存在し、残酷な小学生たちによって地獄みたいなあだ名をつけられている子もいました。

 

さて、これが陽気な白人だったらどうでしょうか。

絶対に「アメリカ菌」とはなりませんよね。「フランス菌」や「イタリア菌」なんてのは、なんならちょっとかっこよくさえ聞こえます。

立派な胸毛があろうが、アンダーヘアが生えていようが、いじめられない気がします。

 

ー「陽気なやつとそうじゃない奴がいるから言われる方も悪い!」なんて勘違いしないでいただきたいのですが、子どもなんて大概陽気です。成長過程で友人らからブスだと言われて「世間的に見ればブスな方」を自認し、よくわからないことで怒られて「ブスだからこれは言っちゃいけないんだ」という自覚を持ち、昨日まで普通に会話していた友達がいきなりよそよそしくなったタイミングで「ブスだから喋ってるだけで友達減るんだ」を認識して、シャイになるか攻撃的になるか、割と重要な人生選択を、幼少期に済ませてしまっているのです。陰気な子というのは人生選択を済ませているだけであって、人の弱点を勝手に見つけて色々ケチつけるいじめ側が100%悪いことを自覚し、届かない謝罪に心を悩ませながら慎ましく生きてください。

 

いいから許して許されろ

自分の指標で他人を許す許さない、ということ自体おかしな話ではありますが、それでも社会に所属していれば、良いこと悪いこと多くありけり。

春日局がいきなり家光を叩きつけ、顔を覆って感情的に泣いてしまうようなレベルの最悪なことも、生きていれば起こりうるのであります。

 

そうならないためにはどうすれば良いか。

答えは簡単。とにかく許しまくる。です。

100%許しまくっていれば、20%程度の許されるを獲得するので、20だけで自分の社会を形成すれば良いのであります。

 

社会を広げたければ20を拾いにいく。どうせ100なんてフォローしきれません。

結婚式のお見舞い金に3万円を払うと考えた時に、3万円×80人=240万円の節約ができます。

240万円って、もはやちょっとした家の頭金です。

240万円あれば、ヨッピーみたいな有名ライターにタイアップ記事を書いていただき、GoogleAdwordでコンバージョン刈り取りして、CRMツールで情報を自動収集して、2ヶ月ぐらい婚活できるし、しっくりくる人生のパートナーに出会えそうです。

 

ですから、チュウヤンが「Whyジャパニーズピーポー!」と言っても許して欲しい。

「いいから許して許されろ」社会を、僕は提案いたします。

MacbookProを買ったのです

MackbookProを買ったんです。
BTOのノートPCが4万円で買えるよ!チューチュー!と言っているこの時代のここにきて、
まさかの毎月一万円の負債を抱えてのMacbookProです。

もうね。ワクワクしました。僕。
年甲斐もなく、開封しながらワクワクしてしまいました。だって、かっこいいんだもの。
縁あって以前、Apple社から届いた入社書類が開封される場に立ち会ったことがあるのですが、これがとにかくかっこいい。
真っ白の上質な紙に「Appleへようこそ」とセンター寄せで書いてあるページが書類の1枚目でして、
もう秘密結社にでも参加できたような、人に言えないような給料がもらえる特務な仕事につけたような高揚感を覚え、以降ずっと「Appleはかっこいいものである」と言う思考に頭を支配されていました。
ちなみに、給料は普通だったみたいです。


とにかくですね。考えました。僕考えました。
あのかっこいいAppleのように、僕もカッコよくスタイリッシュに生活したい。
ゴミクズのような気持ちで毎日を過ごしている僕だって、息を吐くように自己肯定したい。
自分のためにEXILEを賞賛したり、いきものがかりの復帰を待ったりできるようになりたい。

で、買ったのです。MacbookProを。ローンで。
さて、この銀色のイケメンで何をするかと考えました。


あ、唐突ですが、僕は物事の規則性を人より早く見出すことを特技としています。
なので、今回もいつもの癖でMacbookを買った人たちの規則性を考えました。

どうしよう。スタバの窓際で開いてカタカタ打ってる人たちの顔した出てこない。
自分の引き出しの無さに愕然としつつも、でも、実際そう言う人しかいないのではないか。
しかも、たぶんその人らは大体ブロガーで、媒体はきっとBloogerかはてなブログだし、家の本棚には「本を捨てて旅に出よ」みたいな、寺岡修司の爪の垢よりも内容の薄い本があり、ジャンプよりもアフタヌーンが好きな自分に酔いしれてるし、家入一真に会ったら何か大きなことに誘ってもらえると思ってそうです。
イヤホンからはたぶん、サカナクションが流れているのではないでしょうか。


僕だって。
僕だって、ナオトインティライミが黙って海外に行かないということにいちいちケチをつけたりしたくない。
「今日は女子会だよ!」と言う友達にいちいち「女子会じゃなくて婦人会だ」と小言の一言も言いたくない。

幸せを手に入れるぞ!
という目標を達成するためにも、まずは、ブログを続けることから始めることにしました。
そんな目標はそもそも設定していないので、いつまでやれるかはわかりませんが、よろしくお願いします。