大人の自由帳

日本在住の外国人が日本語で皮肉を言います。

労働は何のためにするのか

-------------------------------------------------

この、「外国人が日本語で色々皮肉を書いていくブログ」ですが、中の人が日常で忙殺されているうちに、コンセプトを忘れてしまったようですので、これからは好き勝手に書いていくとのことです。

-------------------------------------------------

 

働けば働くほど、人生が不幸になっていく経験、みなさまはございますか。

入社して一年の会社である中の人は、ただいま絶賛転職活動中でございます。

理由は、働けば働くほど不幸になるから。

どうなんでしょうかね。

わざわざ海外に来て、わざわざ寿命削って働いてるのに、わざわざ不幸になるって、どういう神経してるんでしょうかね。まったく。

 

労働って何のためにするもの?

ものごとを逆算するとですね。

生きる! →衣食住! →お金が必要! →働こう! となるわけで、

衣食住を整えて、生きるために働くということなんですよね。

 

で、現代は紙幣社会なわけでして、現代で生きていく上では、例えば、右手から延々をから揚げを出す能力があれば、何とか生きていけるのでしょうが、

ただし、皿をパンに変えるにしても、元となる皿を手に入れるためには、お金が必要ですよね。

で、パンを手に入れて食べても、3日もすれば違う味のジャムを付けたくなるのが人間の常。「生活を豊かにしたくなる」というのが、現代の紙幣社会への参加者にとっては、「キャリアアップ」という言葉に変わるわけですが、日本社会でしばしば出会うのは、「キャリアアップのために労働するタイプ」の人です。ゴールのベクトルを合わせないままに。

 

悲惨です。残酷です。

そういう人って結局「頑張ってる私を評価してよ!」と言ってバグるのが常。

うまく動くはずのないプログラムなのに、なぜか普通に動いており、まるで魔導書みたいなコードのようです。そういうコードって、放置してると大体後から痛い目みるんですよね。

 

社会へ価値提供することを称賛しませんか

 

今は、多様性の時代ですからー「多様性の時代である」と外国人が日本語で言っているのですから、あなたが納得しなくとも、今は多様性の時代なのであります。ーいろんな人がいて良いとは思いますが、

「キャリアアップのための労働」はあって良いはずはなく、「社会へ価値提供している」ということに対価が支払われるべきですし、称賛とお金が集まるべきだと思うんですね。

「社会をよりよくしていこう」とする人たちの前では、「キャリアアップのために働く人」は、人格的同列で良いはずはなく、同じ目線に立つべきではないのですが、

いかんせん、日本の教育水準はすこぶる低く、どんなに強い意志があったとしても、文系大学を出たら「英語すら喋れないノンスキルの大学生」に社会より仕立て上げられてしまうために、四苦八苦を迫られ、心を折られることもしばしばであります。

 

逃げるは恥でもないしめっちゃ役に立つ

キャリアアップのために働く人を「アホである」と仮定した上での話ですが、アホから逃げつつ自分を客観的に見つめなおしませんか。

何ができるのでしょうか。何がしたいのでしょうか。したいことがあるのに社会に渦巻くアホどものせいでできない、というのはいかがなものでしょうか。

どこでも生きていけると思いませんか。

アホと自分。正気なのはどっちでしょうか。どう考えてもこちらですよね。

 

「正気なのはこっちだからな!!」の精神で、外国人は今日も日本語でを使って逃げ回っています。最近英語の勉強を始めました。

母の金で買ったメガネ

最近、告白ってどういうことなのかよくわからなくなってきた皆様、こんにちは。

物事すべてが専ら「確認作業」と化している僕です。

 

メガネを壊してしまい、ふと思い出して荷物を漁ったら、母親が高校時代に、なけなしのお金を出して作ってくれ、度数強目に作ったメガネが出てきた視界が開けてきました。

 

ブログ、全然更新できていませんでした。

仕事が忙しくて、、帰りが遅くて、、週末はなんだかいつもお出かけで、、、

言い訳はいくらでも取り繕うことはできますが、

多分、僕が好きな作業じゃないから書けないということに気がつきました。

コンセプトを決めて、仕事みたいに文章を書くなんて、、あたしゃ嫌いだよ!!

 

いやね、文章を書くのは好きなんです。とってもね。

特に、日本語で書くと、なんでも物語のようになると感じるので、楽しくとも悲しくとも書きなぐる。

 

人生、物語化です。

厨二病を引きずっているところがありますが、皆様どうか、引き続きポイしないでくださいね。

 

f:id:kenzhao0114:20170507221518j:plain

次回からちゃんと書きます。

ネタに困るので、ありきたりですが、外国人の目線で見た時事ネタですかね。ちゃんと面白いやつね。

身もふたもない話

身もふたもない話というテーマで、

少し美しい文章で、やんわりと不特定多数を罵倒するという最高にロックな文章を書いたのに、アプリが落ちて全部パーになりました。

 

2回目ですよ2回目。

今回は、彼岸花の写真でごまかしておきます。

f:id:kenzhao0114:20170326191247j:plain

無くなってわかる大切なこと

特別に冷たくしていたわけではないが、暖かく手厚く迎えたわけでもなかった。

寄り添ってもらっていたのはわかっていた。

ちょっとづつ離れていくものだと思っていたが、事実と思惑は食い違うものなのである。

日に日に感じる、開けていく距離感。

 

大切なものは目には見えない。

物事は、失ってから気がつくものなのである。手からこぼれ落ちた後に、無くなってしまっていることに気がつくのである。

 

髪の毛よ。君はどこへ消えてしまったのか。

帰ってきておくれ。

マッサージも定期的にするから!ちゃんと乾かしてから寝るから!

 

20時間ぐらい寝た後の起き上がりの駄文からこんにちは。

そして、もう眠いのでおやすみなさい。

デスマーチは続くよどこまでも

デスマーチすぎて何も更新できませんでした。

会社のWebページのリニューアル&リリース作業をしていたのですが、徹夜続きの作業。

 

こんなアホみたいなことを言いながら作業する元気が、途中まではあったようですが、不思議なことに、徹夜も二日三日続くと笑いの感情しか湧かなくなり、

平日にあった部内の面談も「頑張ります!とりあえず笑うしかないです!」しか言えなかった。

 

にんげんとは、なんとタフな生き物なのでしょう。

 

4日ぶりに家の冷蔵庫を開けたら、顔色の悪いナスが、それでも息を続けておりました。明日は生き別れの兄を見つけたような気持ちでナスを炒めます。

 

 

ということで、自分でも勉強しつつ、時間があるときにちゃんとこれを作って、クラブ通いウェーイ系男子でもわかるプログラミング講座を開始しますので、今回は一旦生きてるご報告ということで、谷根千の写真を置いておきます。

 

煮るなり焼くなり好きに使ってください。トリミングだけはNGで!

f:id:kenzhao0114:20170312021228j:plain

労働が先か休暇が先か

働く必要がない人は、働かなくて良いと思う -KenInJP

 

ラッパーの名言風からこんにちわ。やっと少し金銭的余裕ができて心の余裕が生まれ始めた僕です。

ここ一週間、展示会やらサイトやらで会社の仕事が死ぬほど忙しく、働きっぱなしでやっと休みができたので、今日は日本の労働について書きたいと思います。

 

と、ここまで書く間に3回ぐらい、計4時間ぐらい寝ました。

大人ですから、眠い時に寝たいです。

 

因果性のジレンマなんて投げ捨てろ

鶏が先か卵が先か、という話は一度は耳にしたことがあるかと思います。

哲学なのか、理化学なのか、宗教学なのかはわかりませんが、卵が先か鶏が先かがわかれば生命の不思議や謎に近づけるロマンのある話でございます。

 

しかし、現代に生きる僕たちは、極めて忙しい!

ロマンなどどうでもいいから寝かせろ!と思うことも常でございます。

あ、そうでもないですか?気が合わないですね。

 

 

僕たちは仕事をして、稼いだお金で生活できているわけですね。

お金は呪いでもありますが、お金がないと狩りも漁もできず、何も生み出せない弱者は滅びてしまうので、人間が繁栄していく上では欠かせない道具なのであります。

ですから、お金はとてもとても大事であり、それを稼ぐというのは、生きる術です。

 

ただ、僕は声を大にして言いたい!

労働することに、責任感も持ちたくないし、睡眠の我慢もしたくない!!

 

時はもう21世紀!ロボットが働いて人間が楽する時代。人間はコストがかかるので、効率よく働くことを求められる時代です。

効率よく働いて成績を残すことは素晴らしいことではあります。

 

しかし、しかしです。

寝たい時に寝る、食べたい時に食べる、笑いたい時笑って泣きたい時に泣く。

自由は全く持って楽しく素晴らしいもの。

 

僕は、楽しく人間らしく生きるために働くのであって、働くために労働時間外を有意義に過ごすというは、どこかおかしくありませんか。

 

 

社会性の欠如を全力で埋め、雨の日は家で気ままに休めよ

日本語には、「苦労は買ってでもしろ」という言葉があります。

そういうことを言う人は決まって、「みんなスポーツが好きになれば、幸せな国になれるんだ!」と真顔で言ってくるタイプです。そういうとこなんだよお前の悪いところはって言っても気がつかないでしょうね。日本はなぜか同化を強要してくる人がやたら多い。ナメック星人かよ。

 

僕は、大学時代は資産や仕送りなんてものはなく、とてもとても貧乏で、夜バイトしながら昼間は学校という生活をほぼ毎日送り、ゼミ旅行などはあまり参加できず、卒業旅行も行けない環境。

 

お金を稼ぐことに頭を使う余裕すらなく、必死にバイトをしていた僕の目からは、一日4時間週に2回ほど居酒屋でバイトしながら、仕送りの補助もある人の方が、余程幸福ですし、顔色の血色も良かったように見えます。

 

苦労なんて、しなくていいのならしない方が良いに決まっています。

 

客観性の欠如は社会性の欠如。

自分を客観視して厳しく評価し、一体何が重要なのか、どの程度のことなら無理なく楽しく生きていけるのかを判断できる力が、この国の人間には圧倒的に欠如していないでしょうか。

 

良い天気だから、家で洗濯してうたた寝、公園で散歩をしたい。

雨だから、家でくるりでも聴きながら、只管読書やゲームに打ち込みたい。

そういう心の休暇の方が、働くことよりも人生を数倍幸せにするはずです。

多少休んだところでどうせ迷惑になんてなりません。

 

空気は悪くても、雨というだけでWechatで休暇連絡を送ってくる上海人の方が、余程清く正しく健康的ではないでしょうか。

 

自分を正しく見つめ、気ままに生きるために働こうを提言します。

良いから許して許されろ。気ままに生きるために働こう。

 

 

 

と、ここまで書くのにさらに2回、計8時間ぐらい寝てしまいました。

あまりにも寝すぎて支離滅裂になってしまいました。

要するに何が言いたいのかというとですね。

仕事サボって寝るのは最高!!

論理性なんてサヨウナラ

カカロットよりもベジータに親近感を覚えるみなさん、こんにちは。

ベジータやサスケとなら長く深い付き合いができそうな僕です。

持ちつ持たれつで害がなくて、結局美人と結婚するクリリンみたいな奴が一番幸せなんでしょうね。

僕もああいうのがいいですが、見える見えるとい思っていても、結局見えないのは、昼間の星と人生くらいなものであります。

 

二番手としての承認欲求

僕には欠点がたくさんあってですね。

いつだって髪の毛はくるくるですし、大人なのに髭は全然生えて来ませんし、自分に優しくなるような投資が苦手で、自分を守るために必要以上に他人を攻撃したりします。

欠点だという認識はしているので治したいとも思うのですが、自己への投資がどうも苦手で、例えばマッサージって気持ちいんだろうなと思っていても、未だに行ったこともありませんし、温泉なんてもってのほか。

人生に付加価値を与えるなんてのは、中々簡単なことではございません。

坂からコロコロ、どこまでも転がり落ちたいと思える日も少なくないのであります。

 

と、そんなストイックな心境で歩いていると前から女の人たちの声が聞こえます。

「あ〜、こんばんわ〜。○○ちゃんの母です〜」

 

この母のアイデンティティはどこにあるのでしょう。

○○の母という表現はどことなくずるい表現にも聞こえますが、同時に悲しさも含んでいると思います。

自分を承認してもらう前に、自分の関係者である○○を先に承認していないといけないので、少し壁は高いのですが、その壁を感じいるので、控えめに、「二位の承認」を求める行為と思いました。

 

日本語の中には、二番手としての承認欲求を求める行為・言動が非常に多いです。

友達の友達、○○の彼・彼女、○○の旦那・嫁

間男という言葉はあるのに間女という言葉はないので、日本語という言葉は実に社会的な言葉だと感じます。

「友達の友達」なんて言葉、他の国にあるんでしょうかね。

少なくとも、中国や韓国にはなさそうです。

 

アイデンティティはどこに宿る?

つまりですね。

人間の大前提として、「自分を一番愛す」ということがあるわけでして、だとすれば、日本語で表現できる二番手としての言葉には、アイデンティティが介在できる余地がないのです。

しかし、なぜかそんなアイデンティティのない言葉がとても多い。

慎ましく静かな民族性と思われたいこの言葉の話者達は、アイデンティティが全くないのか、実はものすごく孤独なのかどちらかということになります。

 

もちろん、アイデンティティがないわけはないので、後者に当たるのでしょう。

息苦しさは、ほどほどでいいんだけどなーと思う。今日は、空とてもが高く、青い1日です。